中学受験 算数を好きになる方法

成績を上げたければ、その教科を好きになろう!と小学生の時に何度言われたことでしょう。

その時は何言ってるんだ。できないから嫌いなんだから、好きになればできるようになるという順番は逆だろと幼心に何度反発したことか。にもかかわらず、今では同じことを子どもたちに教えています。

では、中学受験の算数を好きになるにはどうしたらいいのでしょう。算数を好きになるのは簡単なことです。問題が解けるようになれば自然と好きになっていきます。それができないから困っているんだと思うかもしれませんが、順を追って勉強していけば解けるようになるのです。

中学受験の算数はいろいろな分野からできています。計算や図形、グラフなど。この一つ一つを一緒にせず、それぞれ勉強していくことが重要です。できれば一番苦手な分野からやっていくとよいでしょう。その理由は苦手分野を克服することによって自信につながっていくからです。この自信が中学受験に大きく影響することは言うまでもありません。

苦手分野の勉強方法ですが、わからない問題があれば、その問題の基礎である簡単な問題を解いてみることです。もちろん、それでも解けなければ答えを見てもかまいません。

なぜそうなるのかを知りましょう。そしてわからなかった問題に戻って解いてみて下さい。さっきよりは分かりやすいはずです。そして、これが大切なことですが、同じ種類の問題を何問か続けて解くことです。

その問題の解き方を覚えてしまえば、今まで苦手だった分野が得意分野に変わります。これを繰り返していけば算数が好きになっていくでしょう。

中学受験の算数を克服するには、コツコツと勉強することです。自分は何が不得意なのかを見極めて下さい。

そして次に、算数が苦手な子供にはとても高い壁だと思います。その壁をどうやって超えるかというと、それは算数を好きになることです。好きになるには、2つの問題を治すことが大事だと思います。

1つ目の問題は、計算ミスで心が折れることです。計算ミスの原因を追究せず、点数ばかりを見て一喜一憂すると「私は数学が苦手だ」と強迫観念のように思い込んでしまうのです。ここで大事なのが、計算ミスをする前提で考えることです。

人間はコンピューターほど性格ではないので少なからずミスはします。

絶対に間違えてはいけないではなく、見直しで計算ミスをみつけるぐらいの余裕をもつことが大事なのです。中学受験の時も計算ミスはしているものと思い、解き終わっても必ず間違いを見つけるようにします。

2つ目は文章の意味が分かってない、つまり国語力がないということです。算数には文章問題があり、その文章の意味が理解できず答えがあっていないと、計算の方に苦手意識が向いてしまいます。これを治すには、親や先生が問題の意図などをしっかり教えてあげることが大事です。

子供も親も中学受験に対して強い不安を持っています。それでつい子供を叱ってしまうこと多くなってしまいます。そうするとさらに子供にプレッシャーがかかります。叱るのではなく、原因をしっかり教えてあげることが中学受験合格への第一歩だと思います。
参考サイト

PAGETOP