中学受験の鍵は算数

私が息子の中学受験で印象に残っているのは、算数の目覚ましい伸びと、それに伴う全体評価の向上、志望校への合格率アップです。

中学受験の算数は、柔軟な応用力が求められます。そのため、公式や型にはまったパターンを覚えていても、少し違う問われ方や、考えて解く必要のある問題が出された場合、何もできずに終わってしまいます。最初は息子も、繰り返し繰り返し問題演習を行うことで点数を稼いでいたのですが、途中で行き詰まり、成績が伸び悩むようになりました。

そんなとき功を奏したのが「理解」でした。

どうしてその公式になるのか、なぜその解法で解けるのか、根本を理解することで、本当の算数力が身についたようです。しっかりと原理を理解したうえで解くことで、問題の本来の意味や問われていることが見え、解法を導き出せるようになりました。

見たことのない問題に出会っても、いろいろと試行錯誤を重ねることで解答に辿り着ける、ということが本人にとっても面白かったようで、相乗効果でみるみる成績が上がりました。

算数は、人によって正解が違ったり、暗記していないとできなかったりする科目ではないので、成績をあげやすい、成果の出やすい科目です。2科目受験にも4科目受験にも必須ですから、全体評価や合格率を上げる鍵となる科目です。
思考する算数力を備えておくことは、合格後にも必ず役に立つはずです。

PAGETOP